SocialParenting Japan 〜SPジャパン

出張刺しゅうカフェ


もうすぐ会える赤ちゃんのために、

お母さんの手でスタイに刺しゅうをしてもらっています



東京都新宿区の聖母病院にて2015年より月1回、入院中の妊婦さんや助産師さん、看護師さんにもご参加いただいて、刺しゅうの会を開いています。

2017年3月  聖母病院(東京都新宿区)より感謝状をいただきました!   → ブログへ

                          




刺しゅうの会で使う手作りスタイ(無償)は綿100%のダブルガーゼや柔らかいスムース生地を使い、赤ちゃんにやさしい肌触りです。 初めての出産や、赤ちゃんを待ちながら長い入院生活を送る妊婦さんたちに、とても喜ばれています。初めての出産で緊張している方も、刺しゅうをしながらお互いに悩みをシェアし、助産師さんに相談することで、会が終わるころには皆さん笑顔になります。これを機会に刺しゅうを始めたいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

       


ママからのプレゼント・・・刺しゅうの会に参加されるのは入院されている妊婦さん方です。図案を選ぶことから始まり、生まれてくる赤ちゃんを想いながら刺しゅうして頂きます。お母さんからお腹の赤ちゃんへの初めてのプレゼントです。   → スタイギャラリーはこちら

《参加した妊婦さんの声》

☆「入院生活の中で一番楽しみにしているイベントです。 刺しゅう自体がうまくできなかったが、赤ちゃんの笑顔を想像しながらの作業でとても幸せです。時間もあっという間で退屈な入院生活に有意義な時間が過ごせました。ありがとうございました。」 

☆「実家で待っている上の子にいいお土産が出来ました。有難うございます。」

☆「私が小さいころ、母が手作りのバッグやポーチに綺麗に刺しゅうをしてくれていたことを思い出し、母への感謝の思いで 胸がいっぱいになりました。」

☆「妊婦さん同士の情報交換の場になり、繋がりも持て良い場だと思います。」